スモール(中小)M&A

幸せな『出口』を想定していますか?

スモール(中小)M&Aとは、中小企業、個人事業を対象とした、比較的小規模(年商数億円規模)なM&Aを指します。

一般的なM&Aの成功確率は、なんと3割に留まると言われます。これは、売買の成立ではなく、M&A成立後の事業成長が、思惑通りに行った割合です。

これには、ひとつの要因があると考えています。

それは、マーケティング視点の欠如です。

M&Aは、専門会社を除けば主に会計系の会社が事業として取り組んでいます。主な銀行にも、M&Aの部署はございます。財務分析や調査などが必要なM&Aの性質上、それは極めて自然なことではありますが、会計というのはM&Aの一側面に過ぎません

もちろん、法務もそうです。知財や権利関係、契約書まわりなど、M&Aには常に付いて回ることで、極めて重要ではありますが、法務もまた、M&Aの一側面です

『出口』を決めている経営者は、ほぼいない

これは、M&Aを検討している小規模な売り手企業様に共通しています。

このところ赤字続きで、財務的にも厳しく、債務超過に陥っている。そのため、銀行からの新規融資が難しい。そんな企業様も、買い手側がシナジーを感じる商品やサービスがあれば、売却の可能性は十分にあります。実際、当社が担当した案件も、銀行借入は条件変更(リスケ)、累損数千万、BSは債務超過という企業もございます。

これまで、真っ当にビジネスをしてきて、結果的に厳しい状態になったのであれば、何も恥ずべきことではありません。当社と一緒に、会社(雇用)継続、企業再生の道を考え、実行しましょう。

ただし、決断は早い方が断然有利です。もう少し、もう少しと粘っているうちに土俵際に追い込まれると、打ち手が限られてきます

  • 会社を継続させたいが後継者不足に悩んでいる
  • 業績不振で廃業を検討している
  • 次世代に向けて経営を強化したい
  • 起業を考えているが、ゼロからの立ち上げよりも既存事業の地盤の上で始めたい

上記のような方、またはまだ漠然と考えている方でも結構です。下記よりお気軽にお問合せください。御社の状況をお聞かせいただくと共に、中小M&Aガイドラインに則り、M&Aの進め方、弊社の役割、報酬体系などを説明いたします。(当社は、M&A支援機関として中小企業庁に登録しております

【当社公式LINE】(下記QRコードを読み込んで、メッセージをお送りください)

LINE Officialで連絡
マエトク・フォーベルツ株式会社公式LINE

【M&Aご相談フォーム】(ご相談内容を第三者に開示することは致しません)